サバンナシマウマの標本情報(Common zebra,Specimen Nomber:NSMT-M01825)

サバンナシマウマの頭骨標本

標本データ

これは独立行政法人国立科学博物館に収蔵されているサバンナシマウマの頭骨標本の3Dモデルです。標本番号「NSMT-M01825」のこの標本の性別はオスです。クアッガというのは、サバンナシマウマの亜種の名前です。
学名:Equus quagga
Scientific Name: Equus quagga
和名:サバンナシマウマ(クアッガ)
English Name: Common zebra (Quagga)
標本番号: NSMT-M01825
Specimen Nomber: NSMT-M01825
性別:オス
Sex: Male
収蔵館:国立科学博物館
Strage: National Museum of Nature and Science, Tokyo.

サバンナシマウマの筋肉について

この3Dモデルでは、サバンナシマウマの頭骨の筋肉の中でも特に、咀嚼(口を動かす)ことに深く関連する筋肉がどんな風についているのかを表しています。

3Dプリントレプリカの情報について

この標本は以下の種類の3Dプリントレプリカを販売しています。

基本サイズ
材質:ナイロン
カラー:ホワイト
サイズ:20%(1/5)

ミニサイズ
材質:レジン
カラー:ホワイト・グレー・クリア
サイズ:1/10

立体標本の情報について

この標本は本物の骨格標本をフォトグラメトリで3Dスキャンして作成しました。正投影図でレンダリング画像を利用することでレンズの歪みをなくし、正確な縮尺で印刷されています。

全国のシマウマ飼育施設マップ

日本でシマウマを飼育している施設の位置をまとめたマップを作成しました。生きている姿を見たい場合は、こちらの地図を参考に探してみてください。

調査方法:2021年7月23日時点で公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)で探すことができる施設の位置をマップに反映しました。施設によっては臨時休館している場合もありますので、来場される前には必ず公式サイトをご確認ください。

販売ページ

この立体標本は以下のサイトで販売しています。

公式グッズ販売コーナー
Translate »