XR展示の企画と開発

XR展示の企画と開発
XR展示の企画と開発

XR展示の企画と開発

概要

XR(VR・AR・MR全般)を利用した展示の企画と開発をしています。ゼロから標本の3Dデータを作成したり、作成された既存の3Dデータの加工・編集を行うことができます。

また、新たにXRを用いた展示を企画することも可能です。

実績

THE WILDLIFE MUSEUM ヨシモトコレクションVRのカバー画像

THE WILDLIFE MUSEUM ヨシモトコレクションVR※国立科学博物館のウェブサイトに飛びます

国立科学博物館が保有する非公開のはく製標本を中心にVR空間上に展示した展示会です。2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で国立科学博物館が閉館している間に、当時国立科学博物館の職員だった森健人(現在は路上博物館の館長)と法人化前の路上博物館メンバーである齋藤和輝(現在は理事)と、STYLYアーティストのnoria901氏の3名が中心になって作成しました。

世界的にも珍しいVR空間でフォトグラメトリーで作成された標本の3Dデータの公開は、文化庁のプレスリリースでの紹介をはじめ、多方面で紹介していただくことができました。

メディア掲載

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

Translate »