【確認用】

一般社団法人路上博物館(所在地:東京都文京区、代表理事兼館長:森健人、以下「路上博物館」とする)は、2021年3月20日から開始した福井県立恐竜博物館(所在地:福井県勝山市、館長:竹内 利寿)の企画展に展示されているナガスクジラ(標本番号:V-0010297)の頭骨を3次元測量して作成した3Dモデルを元にデザインしたグッズを、ミュージアムショップ「DINO STORE(ディノストア)」(所在地:福井県立恐竜博物館内)にて販売を開始しました。

今回販売する商品はオリジナルデザインのポストカード(以下、本商品)です。本商品の特徴は、ポストカードの両面に2つの角度から見た骨格標本がデザインされている点です。このデザインは実際の骨格標本をフォトグラメトリーという技術を用いて3次元測量して作成された3Dモデルを元にしています。

今回、路上博物館ではナガスクジラが座礁した際の3Dモデルの製作から骨格標本になった際の3Dモデルの製作、グッズのデザインと製作までを一貫して行ってきました。路上博物館では今後、こうした標本化する段階から3Dモデルを製作し、商品化するまでを一貫して支援できるようにしていく予定です。

商品について

ポストカード_福井県立恐竜博物館ナガスクジラ
ポストカード_福井県立恐竜博物館ナガスクジラ

ポストカードには標本番号が記載されています。この標本番号は実際に展示されている標本を指しており、本物がどの標本なのかを辿ることができるのが特徴です。標本番号が記載されていることで、このポストカードのデザインが福井県立恐竜博物館の標本から作られたものであることを確認できます。

定価:250円+税

お買い求めはDINO STORE(ディノストア)まで

アーティスト

本商品のデザインは佐藤洸介氏の手によるものです。

本プレスリリースに関するお問い合わせは以下までお願いします

一般社団法人路上博物館:お問い合わせ

Translate »